読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

32歳の僕が役者で食えるまで。

僕は役者である。まだ売れていない。そんな僕が役者で食えるまでを綴った奮闘記。

過酷過酷過酷!

自宅を出たのが19日の13:00。

只今、バギオの市内と思われる所に着いたのですが、朝の08:30。。。まだ学校に着かず。。。

乗車率100%の車内で巡り会ったお隣の韓国の相棒は、体がデカイ、熊みたいな赤毛のあんちゃん。。。

恐らく『まだ着かないのかよ!』的な独り言をブツブツとかます角丸出しの20代辺りの青年です。

赤毛に染めるぐらいですからね。やはり人と違うアピールをしていかないといけないですもんね。

熊さんよ、それはさておいて、足が臭ぇ!臭ぇよ!

 

あぁ過酷。

 

松尾芭蕉なら、こんな風景をどう表したのでしょうか。

 

古池の香りによく似た熊の足。

 

さて、移動は続きます。。。