読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

32歳の僕が役者で食えるまで。

僕は役者である。まだ売れていない。そんな僕が役者で食えるまでを綴った奮闘記。

書いておこう。僕が留学行く理由。

鉄は熱いうちと言いますし。。。

 

フィリピンでお茶漬けが恋しくなり、キムチを投げとばしそうになった時に見返せるように、今の決意を書き記しておこうかと。。。

 

「なんで役者業を休業し、様々なリスクを背負い留学に行くのか?」

 

まず、僕が役者業を選んだ理由。

 

それは、沖縄の事を伝える人になる為。

 

沖縄出身の僕は、現在32歳。故郷に育まれ20歳を目前に控えた当時の僕は、漠然と

 

「沖縄に関する仕事がしたい」

 

と、思い巡らすウチナー青年。映画館でラストサムライを見て衝撃を受ける!!

未だに憧れ続けている渡辺謙さんの勇姿を目に焼き付け、

 

「こんな伝え方があったのか!!」

 

と、日本を背負った演技に圧倒され、僕もいつかは沖縄を背負えるような男になりたい!!そんな青臭い気持ちを隠せずに、無鉄砲に役者を志し上京。

 

10年、夢を追いかけ食えはしないが仕事もさせてもらい、バイトをしながら主演映画なんかもやらせてもらった!!

 

さてはて、10年!!

 

ふと、思う、今後どうする??

 

本気で思う。今後どうする??

 

考えに考え、やっぱり根っこにある沖縄の事を伝える仕事がしたい。

 

これは譲れない。

 

さて、どうする。

 

役者を諦めた訳ではないが、漠然とこのままではいけない。

 

もしかしたら役者という職種ではなくても、僕にしかできない沖縄に携わる仕事があるのではないか?

 

そう思い、沖縄の現状を考える。。。

 

このまま行くとカジノが出来るかもしれない、10年後、もっとグローバルな時代がやってくる。その時に自分が何かを発信する事を目指すなら、最低限の英語力は現段階で必要不可欠な気がする。。。

 

今しかない!!

 

画して、昔ながらの思い立ったらすぐ行動!!

 

留学を決意!!アウトプットを優先し、マンツーマンが多いフィリピンを留学先へと決め、3ヶ月の語学学校終了後、フィリピンからシンガポールへと渡り、アジアで活躍している沖縄企業や沖縄人、東南アジアに広がった沖縄県人会を尋ねる旅に出ようと思い立つ!!シンガポール、マレーシア、フィリピンにタイ、台北に韓国。

 

その昔、琉球王国の時代に貿易の相手国であるアジア各国を巡り、もう一度自分の指針をしっかりと取り戻そうと旅を決意!!

 

そんなんです!!旅を決意!!

 

よし、半年後の俺よ、このブログを見返してなんと思うのか。。。

 

未来は僕らの手の中!!

 

そんな歌詞がリフレイン!!

 

こんな感覚久しぶり!!そうだ、ワクワクしなきゃ人生つまらない!!

 

役者業の10年間、どこか受け身になてしまっていた自分に気がつく32歳!!

 

遅くはない、遅くはないさ何事も!!

 

今出来ることを一歩ずつ。よし、師走!!

 

残り少ない2016、一歩ずつ一歩ずつ。